TOPSoftware > Androidの「メッセージ」アプリ、送信元企業の真正確認が...

Software

Androidの「メッセージ」アプリ、送信元企業の真正確認が可能に

2019/12/16

早坂 利之

 米Googleは先週、Android用の「メッセージ」アプリのセキュリティを強化する新たな機能として、「確認済みSMS」「スパム検出」の2つを発表した。

Credit: Ryan Whitwam/IDG

 確認済みSMSは、企業や店舗などを名乗るメッセージが届いた時に、送信元が本当にその企業かどうかを判断できる機能だ。Googleの認証を受けている企業からの本物の送信であることが確認できた場合、メッセージと共に企業のロゴやアイコンが表示される。

 この機能は、米国、インド、メキシコ、ブラジル、英国、フランス、フィリピン、スペイン、カナダの9カ国でまずリリースし、今後他国にも拡大する。リリース時点でGoogleが認証済みの企業には、米1-800-Flowers、ブラジルBanco Bradesco、米Kayak、ドイツPayback、米SoFiなどが含まれ、今後も増えていくとのこと。

↑ページ先頭へ