TOPWireless > iPad Pro用のトラックパッド付きキーボード、Brydg...

Wireless

iPad Pro用のトラックパッド付きキーボード、Brydgeが発表

2020/01/07

Michael Simon Macworld

 iPadのパワーユーザーにとって不満の1つは、米Apple純正の「Smart Keyboard」にトラックパッドが付いていないことだ。iPadはパソコンではないとAppleが言い張っているからである(そう言いつつ、iPadOS 13にはマウスの基本的なサポートが組み込まれているのだが)。そこで、周辺機器メーカーの米Brydgeが、トラックパッド付きのワイヤレスキーボード「Brydge Pro+」を発売することになった。

Credit: Brydge

 Brydge Pro+は、iPad Pro(第3世代)用のキーボードで、11インチと12.9インチのモデルがある。キーボード自体は従来の「Brydge Pro」と同様だが、トラックパッドを備えている点が新機軸だ。スペースキーの下に長方形のトラックパッドを配置した、オーソドックスなデザインである。Brydgeの説明によると、iPadOSのAssistive Touch機能を活用できるように最適化された大型のトラックパッドとのこと。

 使用感やスムーズさは、実際に試してみるまでは何とも言えないが、Brydgeによると、アプリExpose、ホーム画面、ドックへのアクセスがしやすくなるという。トラックパッドがないキーボードでは、いずれの操作もショートカットキーを使う必要がある。

↑ページ先頭へ