TOPCloud > Google、Chromeアプリのサポートを6月から順次終了...

Cloud

Google、Chromeアプリのサポートを6月から順次終了へ

2020/01/17

 米Googleは、1月15日の公式ブログ記事で、「Chromeアプリ」のサポートを今年6月から2022年6月までの2年間に順次終了していくことを発表した。Chrome拡張機能についてはサポート終了にはならず、引き続き利用できる。

Credit: Google
[画像のクリックで拡大表示]

 ブログ記事によると、まずは今年3月に、Chromeウェブストアで新規のChromeアプリの登録受付が終了する。既に登録済みのアプリの開発者は、2022年6月までは更新を続けられる。

 最初の重要な節目は今年6月だ。Windows、Mac、Linuxの各プラットフォームで、Chromeアプリのサポートが終了する。ただし、Chrome Education UpgradeとChrome Enterprise Upgradeの契約者は、今年12月までサポートを延長できる。

 実はGoogleは、2016年8月の時点で、Windows/Mac/LinuxのChromeアプリは2018年初めには使えなくなると発表していた。どうやら、当時の計画よりも後ろ倒しで進めることにしたようだ。

↑ページ先頭へ