TOPSoftware > Microsoft、2画面Surface向けのSDKをリリー...

Software

Microsoft、2画面Surface向けのSDKをリリース

2020/01/24

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftは1月22日、今年のホリデーシーズンに発売する予定のデュアルスクリーンデバイス「Surface Duo」「Surface Neo」に向けたアプリを開発するためのSDKのリリースについて、公式ブログ記事で発表した。

Credit: Microsoft

 両機種のうち、Android搭載のSurface Duo向けのSDKは、プレビュー版が既にダウンロード可能となっている。また、Surface Neoが搭載する次世代OS「Windows 10X」に対応するWindows SDKは、通常のWindows Insiderのビルドを通じて、今後数週間以内にプレリリース版が利用可能となる。

 このWindows SDKには、2つの画面を隔てるヒンジの位置の検出など、Windows 10Xを活用するためのネイティブなWindows APIなどが含まれる。また、2月11日に提供されるHyper-Vのデュアルスクリーンエミュレーター「Microsoft Emulator」では、既存のUWPアプリやWin32アプリの動作を確認し、Windows 10Xへの対応を進めることができる。

↑ページ先頭へ