TOPCloud > 15周年のGoogleマップ、アイコンを刷新し新機能を追加

Cloud

15周年のGoogleマップ、アイコンを刷新し新機能を追加

2020/02/10

Michael Simon PCWorld

 Googleマップが登場から15年を迎えた。米Googleはこれを記念して、Android用とiOS用のアプリのアイコンを一新し、新たな機能を加えた。新バージョンのアプリのリリースは2月6日から始まった。

Credit: Google

 アイコン以外の変更としてまず気づくのは、画面の一部下にあるタブの構成が変わったことだ。これまでは「スポット」「通勤」「おすすめ」の3つだったが、「スポット」「経路」「保存済み」「投稿」「最新」という5つになった。

 このうち、「スポット」と「経路」は従来の「スポット」「通勤」と同様の役割を持つ。「保存済み」では、保存した場所の確認や整理が行える。「投稿」では、地図にない情報やレビューを簡単に投稿できる。「最新」は、従来の「おすすめ」と同じような役割で、周辺の流行スポットなどの情報を知ることができるほか、店舗にチャットで質問を送ったりもできる。

↑ページ先頭へ