TOPWireless > MITの「PACT」、スマホで新型コロナ感染者との接触を追跡...

Wireless

MITの「PACT」、スマホで新型コロナ感染者との接触を追跡

2020/04/17

Jon Gold Network World

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者らのチームが、スマートフォンのBluetooth通信を使って新型コロナウイルス感染者との濃厚接触の可能性を把握するための技術「PACT(Private Automated Contact Tracing)」を発表した。プライバシーを侵害することなく接触を追跡するための配慮がなされている。

Credit: Thinkstock

 仕組みはこうだ。この技術を導入したスマホは、識別子となる乱数を次々と生成し、周囲のスマホに向けてBluetoothで絶えずブロードキャストする。また、周囲のスマホが同様にブロードキャストした乱数を絶えず受信する。ブロードキャストした乱数と受信した乱数は、それぞれ14日分をリストとして保持しておく。

 その後、新型コロナウイルス検査で陽性となった利用者は、過去14日間に自分のスマホがブロードキャストした乱数のリストを、PACTのデータベースにアップロードする。他の利用者のスマホは、陽性者がアップロードしたリストを、自ら保持している受信リストと照合する。もし両者に同じ乱数が含まれていた場合、陽性者のスマホからの発信を過去14日以内にすぐ近くで受信していたことになり、濃厚接触の可能性がある。

 この仕組みでは感染者や利用者一同のプライバシーが強固に守られることを、MITは強調している。利用はオプトイン方式で、GPS、電話番号、ID情報の類いは一切使用しないという。

↑ページ先頭へ