TOPSoftware > Google Meetのビデオ会議、Gmailから直接アクセ...

Software

Google Meetのビデオ会議、Gmailから直接アクセス可能に

2020/04/22

Matthew Finnegan Computerworld

 Googleは今回、Web版Gmailの画面上でMeetのビデオ会議を簡単に始められるようにした。4月16日の公式ブログ記事で、「日々の業務でのコミュニケーションにおいて、メールとビデオ会議を必要に応じてシームレスに切り替えられるようにするために導入した機能」だと説明している。

 ビデオ会議の開始や会議への参加は、Gmail画面の左側のパネルから行える。ビデオ会議を開始する場合は、新しいウィンドウが開き、セキュアな一意のURLが与えられる。ビデオ会議に参加する場合は、主催者から指定された会議コードを入力する。また、会議のニックネームを決めて、その場で即席の会議を始めることもできる。同じドメインでG Suiteを使っている人にニックネームを伝え、「会議に参加」で入力してもらえばよい。

 現時点では、この機能が加わったのはWeb版のGmailのみで、段階的なロールアウトが進んでいる。モバイル版のGmailも間もなく対応する予定とのこと。

 新型コロナウイルス対策でビデオ会議の必要性が急速に高まる中、ソフトウエアベンダー各社は、このニーズを捉えるための競争を繰り広げている。米Reutersの4月16日の記事で、GoogleのJavier Solteroバイスプレジデントは、Meetのセキュリティの信頼性をアピールするととももに、最大16人の参加者を一度に表示できる機能を今月中にリリースすることも明らかにした。

↑ページ先頭へ