TOPSoftware > 暗号化やセキュリティ機能を強化したZoom 5.0、信頼回復...

Software

暗号化やセキュリティ機能を強化したZoom 5.0、信頼回復なるか

2020/04/24

Charlotte Trueman Computerworld

 米Zoomは、ビデオ会議プラットフォームの新バージョン「Zoom 5.0」を4月22日に発表した。同社が今月初めに打ち出した90日間のセキュリティ強化計画の重要な節目として、プライバシーやセキュリティの面でさまざまな改良を施している。セキュリティに関するつまずきが相次いでいたZoomは、この新バージョンで挽回を目指す。

Credit: Zoom

 Zoom 5.0の大きな特徴は、256ビットAES GCMによる暗号化をサポートし、通信データの保護や改ざんへの耐性を強化したことだ。この変更は、Zoomのミーティング、ウェビナー、Zoom Phone通話機能のすべてに適用される。システム全体のアカウントに対する有効化は5月30日に行うとのこと。

 また、ビデオ会議やウェビナーで使用するデータセンターのリージョンをアカウント管理者が指定できる機能も加わった。Zoom 5.0は近日中にリリースされる予定だ。更新は、ダウンロードページか、クライアント内の更新機能から行える。

↑ページ先頭へ