TOPSoftware > 暗号化やセキュリティ機能を強化したZoom 5.0、信頼回復...

Software

暗号化やセキュリティ機能を強化したZoom 5.0、信頼回復なるか

2020/04/24

Charlotte Trueman Computerworld

 Zoomの最高プロダクト責任者、Oded Gal氏は、プレスリリースで次のようにコメントしている。「ユーザーのプライバシーとプラットフォームのセキュリティに包括的に目を向けている。Zoomのネットワーク、機能セット、ユーザーエクスペリエンスに至るまで、あらゆる要素を厳しく精査している」

 そのうえで同氏は、バックエンドで256ビットAES GCMをサポートして通信データへの防御を強化したことに加えて、フロントエンドで画面上にセキュリティアイコンを追加したことを取り上げ、「新たなユーザーが大勢加わる中で、会議中に重要なセキュリティ機能にすぐにアクセスできる」とアピールしている。

批判の声に積極的に対応

 Zoomを巡っては、この1カ月ほどの間に、さまざまな批判が沸き起こった。「Zoom-bombing(Zoom爆撃)」に対する非難の声や、Windowsのパスワードを盗まれる危険性につながるバグの問題など、内容は多岐にわたる。また、Facebookにデータを送信していた件では、カリフォルニア州で集団訴訟も起きた(Zoom自身はデータの共有を否定している)。

↑ページ先頭へ