TOPIndustries > Surface Book 3で発熱問題の再発防止に目を光らせ...

Industries

Surface Book 3で発熱問題の再発防止に目を光らせるMicrosoft

2020/05/20

Mark Hachman PCWorld

 後継の「Surface Book 2」でも、バッテリーに関して問題が生じた。パフォーマンスが最高の状態の時に、電源に接続していてもバッテリーが減るという問題だ。さらに、筆者自身の経験では、スリープ時の発熱の問題はSurface Book 2でも起きた。MicrosoftコミュニティやRedditの投稿でも同様の声が見られる。心配になるほど熱くなったり、温度が上限を超えていて処理を再開できなかったりすることもあった。

 MicrosoftのSurface担当幹部らに話を聞いたところ、スリープ時の発熱の問題はデバイスに悪影響を及ぼす可能性があるとの発言が得られた。Surface Book 3では、テストケースの1つとして、テスト機本体を実際にバックパックに入れて、発熱を調べているという。また、本体に温度センサーをいくつか搭載して、問題の再発を防ごうとしている。

 スリープ時の発熱は、Surface Book 3でも起こり得る話なのかもしれないが、Microsoftがこの問題に目を光らせているのは朗報だ。当PCWorldでこれまで試してきた限りでは、Surface Book 3は、Surface Laptop 3と同様にうまく排熱が行われていると個人的には感じており、ファンの騒音や発熱の問題にはほとんど見舞われていない。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ