TOPWireless > Pixelの強化にいそしむGoogle、他のAndroid機...

Wireless

Pixelの強化にいそしむGoogle、他のAndroid機種は蚊帳の外

2020/06/03

 Feature Dropで加わる新機能だけではない。音声録音と文字起こしに便利な「レコーダー」アプリは、Pixel 2、同3、同3a、同4でしか使えない。事故に遭った場合に緊急連絡先に自動通報して救命を支援する「緊急情報サービス」アプリも同様だ。Googleアシスタントは、他のAndroidスマホでは存分に力を発揮できない。Google Duoも、Pixelならとても優れた機能が使える。ほかにも同じような例は多い。

 確かに、こうした機能が今秋リリースの「Android 11」に搭載される可能性はある。実際、Android情報サイトAndroid Policeの6月1日の記事によると、時計アプリの安眠サポート機能は、今のところはPixel専用だが、夏の終わりまでに、すべてのAndroidスマホで使えるようになるという。

 しかし、やはりGoogleは、Pixelとそれ以外のAndroidスマホを隔てる一線を、次第に明確にしつつある(Android Oneのスマホも「それ以外」に含まれる)。理由は、同社の純正スマホの魅力を高めるという一点に尽きる。

 優れたカメラや便利なスタンドを開発するのはともかく、今やGoogleは、パートナーに対する武器としてAndroidを利用している。もちろん、Pixel向けの新機能をリリースする権利は完全にGoogleにあるが、バッテリーや身の安全に関する機能は、あらゆるAndroidユーザーが恩恵を受けてもよいはずだ。Pixelを使っていない人は、同じ機能の登場までしばらく待たされることになるし、場合によっては、いくら待っても登場せずに終わるかもしれない。

 なお、GoogleはAndroid 11の発表イベントを6月3日に開催する予定だったが、全米で続くデモを受けて、延期を決めた。このイベントが行われていたら、Android 11に加わる機能について、詳しい説明があったのかもしれない。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ