TOPSoftware > Facebook、ファクトチェックをめぐるBiden候補の要...

Software

Facebook、ファクトチェックをめぐるBiden候補の要求に応じず

2020/06/16

Mark Hachman PCWorld

 米国が大統領選へと向かう中、Facebookで目にする情報は信用できない。なぜなら、Donald Trump大統領が発令した大統領令に従うことを同社が明言し、誤情報や偽情報のファクトチェックはしないとの意向を示したからだ。

Credit: Gerd Altmann

 今秋の大統領選に立候補している民主党のJoe Biden上院議員の陣営は6月11日、Facebookに対し、誤情報の拡散を食い止めるための策を講じるよう公開書簡で求めた。これを受けてFacebookは、この要求には応じられないとの姿勢を示した。最近Trump氏が署名した大統領令の下では動きが取れないというのが同社の主張だ。

 Facebookは、前回の2016年の大統領選の時、誤情報の拡散で選挙結果に影響を及ぼしたとの非難を受けた。2017年4月には、米国民に対する情報操作の試みがFacebook上で行われたことを認めるホワイトペーパーを公表した。また、2017年9月に、こうした情報を広めるアカウントやページの中にロシアとつながるものがあったことを、同社のAlex Stamos最高セキュリティ責任者(CSO)が認めた。その後、Facebook、Twitter、Googleの代表者が出席した上院司法委員会の公聴会では、Facebookは誤情報への対応を強化する姿勢を見せていた。

↑ページ先頭へ