TOPSoftware > Adobe CCのアップデート、Photoshopの被写体選...

Software

Adobe CCのアップデート、Photoshopの被写体選択が高精度に

2020/06/18

Mark Hachman PCWorld

 米Adobe Systemsは6月16日、「Creative Cloud」の製品群のアップデートについて発表した。さまざまな改良や新機能を加えたほか、機能を活用するためのスキルやテクニックを広く伝えるという面でも強化を図っている。

Credit: Adobe

 Adobeの発表によると、チュートリアルやテクニックなどを動画で解説する「Adobe Live」は、制作コンテンツ数が2倍以上に増えたほか、Creative Cloudのモバイルアプリからもコンテンツを視聴できるようになった。クリエイターが自らの作品を公開するソーシャルコミュニティ「Behance」は、企業が無料で求人を出せるセクションが加わった。Behanceの参加者は2100万人を超えたという。

 写真編集アプリ「Lightroom」には、「編集を共有」機能が加わり、撮影者が元の画像をどのような手順で作品に仕上げていったかというプロセスを、アプリの中で見られるようになった。ペイントアプリ「Fresco」のライブ配信機能では、アーティストが作品を作り上げていく様子を、生で伝えることができる。DTPアプリ「InDesign」の「レビュー用に共有」機能は、チーム内のコラボレーションを容易にする。

↑ページ先頭へ