TOPNetwork > Microsoft、ゲームのライブ動画配信サービスMixer...

Network

Microsoft、ゲームのライブ動画配信サービスMixerを終了へ

2020/06/24

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftは、ゲームのライブ動画配信サービス「Mixer」を7月22日に終了すると発表した。米Amazon.com傘下の「Twitch」に対する敗北を認めた形だ。Mixerのユーザーには、米Facebookの「Facebook Gaming」への移行を促す。

Credit: Mixer / Microsoft

 7月22日以降は、Mixerのサイトやアプリにアクセスすると、Facebook Gamingにリダイレクトされる。Xboxの公式ブログ記事によると、Facebook Gamingでは月7億人以上の利用者がゲーム動画の配信や視聴などを行っている。

 Microsoftのゲーム動画配信は不名誉な撤退を迎えることとなった。同社は2016年にゲーム動画配信サービス「Beam」を買収。翌年には名前をMixerと改め、Sparksと呼ばれるポイントや、ファンの交流機能などでユーザーの獲得を目指してきた。ゲームの進め方を視聴者が左右できる機能もあったほか、XboxやWindowsへの統合も図られた。

 Twitchと同様、ゲーム以外のライブ配信にも使われてきたMixerだが、配信プラットフォームとしての人気は、Twitchに及ばずじまいだった。英Business of Appsの記事によると、Twitchの2020年第1四半期の平均同時視聴者数は140万人に及ぶ。

↑ページ先頭へ