TOPWireless > Qualcomm、ハイエンドスマホ向けSoC「Snapdra...

Wireless

Qualcomm、ハイエンドスマホ向けSoC「Snapdragon 865 Plus」を発表

2020/07/10

Mark Hachman PCWorld

 米Qualcommは7月8日、ハイエンドスマートフォン向けSoC「Snapdragon 865 Plus」を発表した。昨年12月に登場した「Snapdragon 865」の強化版で、CPUとGPUを高速化したほか、Wi-Fi 6E対応チップを新たにサポートした。5Gモデムは統合されておらず、Snapdragon 865と同様に、同社の5Gモデム「X55」と組み合わせることになる。

Credit: Qualcomm

 Snapdragon 865 Plusは、カメラ、AI、セキュリティ、ゲームなどの面で865の特徴を引き継いだうえで、性能の向上を図っている。製造プロセスは865と同じく7nm。

 Snapdragon 865 Plusは、CPUが「Kryo 585」、GPUが「Adreno 650」、DSP(Digital Signal Processor)は「Hexagon 698」、ISP(Image Signal Processor)は「Spectra 480」で、いずれもSnapdragon 865と同じだ。メモリーも変わっていない。

 しかし性能はSnapdragon 865より上がっている。Qualcommの発表によると、865 PlusのKryo 585のクロック周波数は3.1GHzで、865の2.84GHzより約10%向上した。また、Adreno 650のレンダリング速度も、865を10%上回るとのこと。

↑ページ先頭へ