TOPSoftware > Microsoft、エンドポイントデバイス向けのDLPを発表...

Software

Microsoft、エンドポイントデバイス向けのDLPを発表

2020/07/27

Mark Hachman PCWorld

 社外秘の企画書をメールで外部に送るような真似はしない人でも、そのファイルを自前のUSBメモリーにうっかりコピーしてしまうことはあるかもしれない。米Microsoftは、こうした行為をIT管理者が統制するための新たなソリューション「Microsoft Endpoint Data Loss Prevention(Endpoint DLP)」のパブリックプレビュー版をリリースしたことを7月21日に発表した。

Credit: Mark Hachman / IDG

 Endpoint DLPはMicrosoft 365向けに提供するもの。Microsoft 365で利用できる製品のうち、Microsoft Teams、SharePoint、Exchange、OneDriveなどには、機密性が高い重要なメールあるいはドキュメントの共有や転送を防ぐためのDLP(データ漏えい防止)機能が既に備わっている。Endpoint DLPでは、エンドポイントのデバイスに対しても、漏えい防止のためのポリシーを適用できる。

↑ページ先頭へ