TOPSoftware > 公式「Appleサポート」アプリに新バージョンが登場

Software

公式「Appleサポート」アプリに新バージョンが登場

2020/09/04

Jason Cross Macworld

 iPhoneやiPadで使える米Appleの公式アプリ「Appleサポート」をご存じだろうか。使用中のApple製品の調子が悪い時や疑問点がある時に、最初に確認したいアプリだ。よくある症状や疑問について、ステップバイステップで答えを得たり、電話やチャットでサポート担当者に相談したりできる。

Credit: Leif Johnson/IDG

 また、実店舗でのサポートの予約もできる。例えば、Apple StoreのGenius Barに製品を持ち込むための予約が可能だ。

 iPhoneにもiPadにもプリインストールされていないためか、あまり注目されていないアプリだが、IT系に強くない方には大いに役立つ。

 そんなAppleサポートアプリのバージョン4.1が、9月2日に登場した。今回のバージョンアップでは、Walletアプリに入れたパス(予約券)でGenius Barを利用しやすくするための強化や、アドバイザーの言語選択の強化、VoiceOver(画面読み上げ機能)への対応の強化などが図られている。

↑ページ先頭へ