TOPHardware > Qualcomm、パソコン向けSoC「Snapdragon ...

Hardware

Qualcomm、パソコン向けSoC「Snapdragon 8cx Gen 2」を発表

2020/09/07

 米Qualcommは9月3日、ドイツのベルリンで開幕した「IFA 2020」で、ARMベースのパソコン向け新型SoC「Snapdragon 8cx Gen 2 5G」を発表した。名前に付いている5Gとは、同社の5Gモデム「X55 5G」を使った5G通信に対応していることを表す。

Credit: Qualcomm

 この新型SoCを搭載する初の製品は、台湾Acerの14インチのコンバーチブル型2-in-1ノートパソコン「Spin 7」の新モデルで、年内に登場する見通しだ。米HPも、同SoCを搭載したビジネス向けパソコンを発売する予定とのこと。

 この新型SoCのバッテリー駆動時間について、Qualcommは25時間以上と説明している。Acerも、Spin 7の発表の中で、数日の駆動が可能なパソコンだとうたっている。

 パソコン向けのSnapdragonは、これまでの世代の製品でも、バッテリー駆動時間に強みがあった。しかし一方で、パフォーマンス上の制約や、x64のWindowsアプリのエミュレーションがないことについて、ユーザーは回避策を見いだすことを余儀なくされていた。

↑ページ先頭へ