TOPSoftware > iPhone用Xboxアプリのベータ版、ストリーミングでのプ...

Software

iPhone用Xboxアプリのベータ版、ストリーミングでのプレイに対応

2020/09/30

Jason Cross Macworld

 一方、今回iPhoneのXboxアプリに加わるストリーミング機能は、技術的には仮想デスクトップと同じで、基本的にはソニーの「PlayStation 4」の「PS4リモートプレイ」アプリと同様の機能だ。自分が持っているXboxのゲーム機本体に、家庭内LANやインターネット経由で接続する。これなら、App Storeの規則違反にはあたらない。Xboxは通常と同じように動作するが、起動音やライトの点灯はない。普通ならテレビなどに出力する画面を、代わりにiPhoneに配信する形となる。

 ホーム画面の使用感は、Xboxを直接使う時と変わらず、iPhoneがXboxのワイヤレスディスプレイになったような感じだ。Xboxにインストールしていないゲームをプレイしたい時は、ダウンロードから始める必要がある。また、ゲームをしている間は、そのXboxを占用することになり、別の人が異なるゲームやストリーミングサービスを利用することはできない。

 Xboxアプリの新バージョンは、ストリーミング機能以外にも、速度の向上やデザインなど、さまざまな改良が施されている。Android版の登場に続き、iOS版でもベータテストが始まったことで、近いうちに正式リリースになるものと考えられる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ