TOPSoftware > ARM版Windows 10がx64アプリに対応、Insid...

Software

ARM版Windows 10がx64アプリに対応、Insider Programで来月リリース

2020/10/02

Mark Hachman PCWorld

 そこでMicrosoftは、両面作戦で対応を進めてきた。1つは、一部のアプリケーションはARM上でネイティブに動作するように最適化したバージョンを別途提供するという対応。もう1つは、ARM版Windows自体の互換性を高め、通常版WindowsのあらゆるアプリケーションをARM上で動かせるようにするという対応だ。しかしこれまでは、x64対応でなかなか進展が見られず、MicrosoftのSurface Pro Xや中国LenovoのFlex 5Gなど、ARM版Windows搭載機の評価が上がらない要因の1つとなっていた。

 こうしたARM機を持っている人が、今回発表となったx64対応の恩恵をいち早く享受したい場合は、Windows Insider Programに登録する必要がある。Windowsの「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Insider Program」を開き、指示に従って進めればよい。ただし、Insider Programで提供されるバージョンはあくまでプレビュー版なので、バグの存在やクラッシュの発生が予想される。重要なドキュメントをバックアップしておくなどの対応が必要だ。

 MicrosoftがARM版Windowsのx64アプリケーション対応に取り組んでいるという話は以前から出ており、当PCWorldもこれを確認していた。だが、今回の正式発表は、ARM版Windowsにとってこの数年で最も重要なニュースと言えそうだ。互換性という面で、ARM搭載機が対等の立場で戦えることになる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ