TOPNetwork > サービスメッシュとデータセンターネットワーク

Network

サービスメッシュとデータセンターネットワーク

2020/10/07

Lee Doyle Network World

マイクロサービス型のアプリケーションにサービスメッシュが必要な理由

 マイクロサービスベースのアプリケーションは、ハイパーバイザーベースのアプリケーションとはアーキテクチャーが異なり、多数のサービスが連携する形で構成されている。各サービスは個別のコンテナで動き、複数のサーバーやコアに分散している。マイクロサービス間の通信が頻繁に発生することから、低レイテンシと広帯域幅が必要となり得る。また、複数のアプリケーションが同じマイクロサービスにアクセスすることが必要な場合もある。

 コンテナベースのマイクロサービスは、物理的な場所を別のサーバーに移すことも可能だが、その移動先やステータスの変更に関して得られるデータが限られている場合があり、サービスを発見してアプリケーションのパフォーマンス上の問題を解決するのは簡単ではない。

 こうした中で、DevOpsチームは、ネットワークの複雑さからの論理的な切り分けを必要とする。アプリケーションの開発や変更をスピーディーに行いたいという考えのもと、ネットワーキングチームに対して、VLANのプロビジョニングなど、ネットワークやセキュリティの調整を求める。

 サービスメッシュは、ネットワーキングとセキュリティの面でマイクロサービス型アプリケーションに大きなメリットをもたらす。ネットワーキングインフラが抽象化されるため、変更のたびにデータセンターのネットワーキングチームが介入しなくても、マイクロサービスアプリケーションがネットワーキングとセキュリティのポリシーを維持できる。

↑ページ先頭へ