TOPNetwork > サービスメッシュとデータセンターネットワーク

Network

サービスメッシュとデータセンターネットワーク

2020/10/07

Lee Doyle Network World

 マイクロサービスのネットワーキングには主に次のような要件がある。

  • 大規模な運用でのネットワークパフォーマンス
  • 新しいアプリケーションで使用するネットワークリソース、コンピューティングリソース、ストレージリソースのプロビジョニングの容易さ
  • アプリケーションごとに帯域幅をスピーディーに拡大できる機能
  • 社内データセンターとパブリッククラウドの間のワークロードの移動
  • アプリケーションの分離によるセキュリティ強化とマルチテナント対応

 こうした要件を満たすために、IT部門は、包括的なデータセンターネットワーキング管理システムに、サービスメッシュの自動化と管理の情報を取り入れる必要がある。コンテナのデプロイがますます増えて複雑化し、戦略的に重要な意味を持つ中では特に必要となる。

 サービスメッシュ環境に適したアプリケーションのために、IT部門は、包括的な管理/自動化プラットフォームにサービスメッシュを統合することを計画しなければならない。その準備として、クラウド、オープンソース、ベンダーの製品など、サービスメッシュのさまざまな選択肢を比較検討しておくことが欠かせない。こうしたテクノロジーの進化は続いている。

 オープンソースのテクノロジーの代表格としては、米Googleらが中心になって進めてきたIstioがある。そのほかのオープンソースプロジェクトには、Linkerd、HAProxy、Envoyなどがある。さらに、主要なIaaSベンダーが手がけるサービスメッシュサービスや、ネットワークベンダー、ITベンダー、スタートアップなどが手がける製品もある。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ