TOPHardware > Raspberry Pi、キーボード一体型の100ドルパソコ...

Hardware

Raspberry Pi、キーボード一体型の100ドルパソコンを発表

2020/11/05

Michael Simon PCWorld

 「Raspberry Pi」というと、パソコンなどの自作に詳しい人が、ドライバーやペンチを片手に、電子工作に日夜いそしむ製品という印象があったかもしれない。しかし、英Raspberry Pi Foundationが11月2日に発表した「Raspberry Pi 400」は、そんなイメージを打ち砕く新製品だ。キーボード一体型のパソコンとして、そのまま使うことができる。

Credit: Raspberry Pi

 Raspberry Pi 400の見た目は、昨年発売されたRaspberry Pi公式キーボードにそっくりで、白を基調として赤色をアクセントにしている。だが、今回の製品は単なるキーボードではない。クアッドコアの64ビットプロセッサ、4GバイトのRAM、Wi-Fi、Bluetooth、ディスプレイ出力端子2基などを搭載し、4K動画の再生にも対応している。加えて、40ピンのGPIO端子にもアクセス可能となっており、愛好者はさまざまな部品や機器との接続に利用できる。

↑ページ先頭へ