TOPCloud > 3大クラウドの性能比較レポート、2021年版が登場

Cloud

3大クラウドの性能比較レポート、2021年版が登場

2021/01/20

Scott Carey InfoWorld

 調査結果を見ると、AWSは、コストパフォーマンスとネットワークレイテンシで最も優れていたが、ストレージI/O性能やシングルコアCPU性能は他社を下回った。その一方で、AWSの独自プロセッサGraviton2を使用するマシンは、マルチコアCPU性能ではトップだった。コストについては、c5a.4xlargeのマシンではtpmあたり0.813ドルで、GCPに比べ12%低コスト、Azureに比べ35%低コストだった。

 GCPは、シングルコアCPU性能やスループットで最も優れ、コストパフォーマンスでは2番手だった。また、上位のディスクでなくても、AWSやAzureの上位ディスクに匹敵する性能を示した。

 Azureは、スループットはGCPやAWSとほぼ同等で、多くのワークロードでは無視できる程度の僅差の勝負だった。ストレージI/O性能ではAWSを上回った。上位のディスクであるUltra Diskは、読み取り/書き込みのIOPSや書き込みのレイテンシが最も優れていた。一方、Azureのコストパフォーマンスは他社より低かった。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ