TOPSoftware > iOS 14.5のベータ版登場、マスク着用中でもロック解除が...

Software

iOS 14.5のベータ版登場、マスク着用中でもロック解除が可能に

2021/02/03

Fitness+がAirPlay 2に対応

 Appleが昨年始めたフィットネスサブスクリプションサービスFitness+では、エクササイズ動画を視聴できるデバイスが限られることがこれまでの大きな弱点だった。iPhone、iPad、Apple TVでしか見られず、Macや各種スマートテレビでは利用できなかった。だが、iOS 14.5では、Fitness+がAirPlay 2をサポートし、iPhoneやiPadから対応デバイスにエクササイズ動画をストリーミングできるようになった。非常に大きな改良だ。AirPlay 2に対応したテレビも増えており、サービスの利用に伴う制約がかなり緩和される。心拍数などのリアルタイムデータは画面上に表示されないが、大きな支障はない。

マスク着用中にiPhoneのロックをApple Watchで解除

 Face IDは便利だが、マスクをしていると認証してくれないという弱点が、コロナ対策の中で浮き彫りになった。だが、iOS 14.5(とwatchOS 7.4)では、マスクをしていても、Apple Watchを腕に装着していれば、iPhoneのロックを解除できる機能が加わった。「設定」→「Face IDとパスコード」で、この機能を有効にできる。

 この機能を使うには、パスコードを設定済みのApple Watchを、ロック解除した状態で腕に付けている必要がある。この状態で、Face IDがマスクを検知すると、Apple Watchによるロック解除が働き、画面上にはその旨のメッセージが表示される。またWatch側では、触覚フィードバックで通知が得られる。手間いらずのスムーズな連携だ。この機能は、ぜひとも昨年夏に欲しかった。Apple Watchによるロック解除の機能は、Macには以前からあった。

iOSのベータ版の入手方法

 iOSのベータ版は、自らインストールして試すこともできる。ただし、Appleの注意書きにもあるとおり、思わぬ不具合でデバイスが使用不能となるおそれがあるので、気軽に試すものではないし、重要なデバイスにはインストールしてはいけない。

 開発者向けベータ版はApple Developer Programの参加者が、パブリックベータ版はApple Beta Software Programの参加者が、それぞれのプログラムのダウンロードページから、インストールに必要な構成プロファイルをダウンロードできる。

 ベータ版をインストールしたいデバイスで、構成プロファイルをダウンロードし、設定画面からインストールすると、「設定」→「一般」→「ソフトウエアアップデート」からベータ版のiOSをインストールできるようになる。

↑ページ先頭へ