TOPIndustries > 新型MacBook Air、iMacと同様の多色展開でベゼル...

Industries

新型MacBook Air、iMacと同様の多色展開でベゼルは白か

2021/05/13

Michael Simon Macworld

 著名リーカーのJon Prosser氏は5月11日、自らのYouTubeチャンネルの動画で、MacBookの新モデルについて、米Appleの内部関係者から得たとする情報を伝えた。この新機種はおそらく新型MacBook Airだと同氏は見ているものの、確証はないとしている。

Credit: @rendersbyian
Credit: @rendersbyian

 まずは本体の色について。Prosser氏が数日前にも伝えていたとおり、この新型MacBookは多色展開となり、そのカラーラインナップは、先月登場した24インチiMacと同じか、極めて近いとのこと。同氏の情報源である人物は、ブルーとグリーンのモデルを目にしているという。

 また、本体の形状については、完全にフラットな薄型モデルだと伝えている。この製品がMacBook Airだとしたら、初代モデルの登場以来続いてきた、厚みに傾斜のあるくさび型のデザインが終わることになる。

 キーボードは、ファンクションキーがフルサイズとなり、キー部分の占める面積が若干増える分、トラックパッドが若干小さくなるとしている。USB-C端子が左右側面に1個ずつ。本体裏のゴム脚は、四隅に配置される丸型ではなく縦長で、左右に1本ずつ配置されるという。

 画面については、ベゼルの細さは分からないとProsser氏は説明しており、13インチかどうかについても言及はないが、ベゼルの色はiMacと同様に白だと伝えている。Macのノートで白いベゼルになるのは、2006年に販売終了したiBookのホワイト以来だ。現在のベゼルは黒だが、かつてのPowerBook G4や初代MacBook Airはアルミニウムだった。

 製品の発売時期については、年内か来年初めとProsser氏は伝えている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ