TOPSoftware > Windows 10用の純正パッケージマネージャーが正式リリ...

Software

Windows 10用の純正パッケージマネージャーが正式リリース

2021/05/31

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftは、Windows 10用のパッケージマネージャー「Windows Package Manager」をバージョン1.0として正式にリリースしたことを5月26日に発表した。Windows 10のバージョン1809以降で動作する。Microsoft Storeで配布されているApp Installerアプリに付随する形で提供されており、Microsoft Store経由の自動更新で今後適用される。

Credit: Mark Hachman / IDG
Credit: Mark Hachman / IDG

 パッケージマネージャーは、アプリのインストール、更新、アンインストールなどの管理をコマンドラインから行えるツール。Linuxではパッケージマネージャーが古くから使われており、Linuxの優れた特長の1つだった。Windowsでも、Chocolateyのようなサードパーティー製のパッケージマネージャーは以前からあった。

wingetコマンドでアプリのインストールや更新を管理

 Windows Package Managerでは、コマンドプロンプトやPowerShellで「winget」というコマンドを使って処理を行う。「winget <コマンド> <オプション>」という形で、実行する処理の種類とオプションを指定すればよい。「winget」とだけ入力すると、使用できるコマンドの一覧や使い方を確認できる。

 例えばインストールの場合、「winget install firefox」のような形で、目的のアプリ名を指定すれば、そのダウンロードとインストールを実行でき、Microsoft StoreやWebサイトでアプリを探す手間が省ける。

↑ページ先頭へ