TOPIndustries > 米紙報道 新型iPad miniはホームボタン廃止、次期iP...

Industries

米紙報道 新型iPad miniはホームボタン廃止、次期iPad Proは無線充電

2021/06/08

Michael Simon Macworld

 来年発売のiPad Proに関しては、初めて背面をアルミニウムからガラスに変更する可能性があるとしている。理由の1つは、ワイヤレス充電への対応だ。「iPhone 12」で導入したのと同じような「MagSafe」の機構をテストしているという。標準的なQi充電器にも対応するのかどうかは不明だ。ワイヤレス充電は、タブレットではまだあまり一般的ではないが、中国Huaweiや米Amazon.comが対応製品を投入しつつある。

 また、AppleはAirPodsやApple WatchをiPad Proから充電できるようにするワイヤレス逆充電の機能もテストしているとのこと。この機能はもともと、iPhone 11で搭載のうわさがあったが、結局これまで実現されていない。

 さらに、以前開発を中止した「AirPower」と同じような仕組みのワイヤレス充電マットの将来的な投入を引き続き検討しているほか、電磁誘導方式よりも距離を離して充電できる別の技術を探っているという。ただし、こうした新たな技術が製品化に至るのは何年も先になりそうだとBloombergは伝えている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ