TOPSoftware > AIを使ったコーディング支援機能「GitHub Copilo...

Software

AIを使ったコーディング支援機能「GitHub Copilot」、プレビュー版リリース

2021/07/06

Paul Krill InfoWorld

 米GitHubは、AIを使ったコーディング支援機能「GitHub Copilot」のテクニカルプレビュー版を先週リリースした。プログラマーが入力したコードの冒頭部分やコメントに基づいて、目的の処理を推測し、複数行にわたるコードや関数全体を入力候補として提示する。「Visual Studio Code」の拡張機能として提供されているが、現在は限られた数のテスト参加者のみが試用できる。

Credit: Thinkstock
Credit: Thinkstock

 GitHub Copilotでは、さまざまな機能でコーディングの手間を減らすことができる。例えば、コメントや関数名を入力すると、それに合った処理内容のコードを自動で生成してくれる機能や、同じパターンを繰り返す定型的なコードを作成したい時に、何行か入力した例にのっとって残りのコードを自動で生成してくれる機能、実装したコードに合うテストを提案してくれる機能などがある。

 こうした機能を生かすことによって、問題を解決する方法の選択肢を確認したり、テストコードの作成、新しいAPIの使用などにすばやく対応したりでき、ネット検索を繰り返して目的の情報を探すという手間が省けるとGitHubは説明する。

↑ページ先頭へ