TOPSoftware > Microsoft、JavaのGCログ分析用ライブラリ「GC...

Software

Microsoft、JavaのGCログ分析用ライブラリ「GCToolkit」を公開

2021/09/08

Paul Krill InfoWorld

 米MicrosoftのJava Engineering Groupは、Javaのガベージコレクション(GC)ログを分析するためのライブラリ群「Microsoft GCToolkit」をオープンソースで公開した。

Credit: Angelo Tsirekas (CC BY 3.0)
Credit: Angelo Tsirekas (CC BY 3.0)

 GCToolkitは、JVMのメモリー管理の状態をGCログファイルのデータから分析する際に利用できるライブラリ。ログデータの取得や処理をイベントベースで行うための機能やAPIを備えている。

 全体の構成は、APIのモジュール、GCログファイルを解析するパーサーのモジュール、メッセージングのバックプレーンのモジュールという3つのJavaモジュールに分かれている。

 APIのモジュールは、一連の機能へのエントリーポイントにあたる。パーサーやメッセージングの詳細な内部構造を意識することなく、いくつかのメソッド呼び出しでGCログファイルを分析できる。またパーサーのモジュールは、正規表現や、GCログの正確な解析を実現するためのコードで構成されている。

↑ページ先頭へ