TOPSoftware > Palo Alto Networksの新製品、企業向けのセキ...

Software

Palo Alto Networksの新製品、企業向けのセキュリティをテレワーク環境に

2021/09/14

Michael Cooney Network World

 米Palo Alto Networksは9月10日、テレワーク環境や中小企業のセキュリティ強化を狙いとした新製品「Okyo Garde」を発表した。Wi-Fi 6対応のメッシュWi-Fiルーターに、サブスクリプション型のセキュリティ防御サービスを組み合わせたもの。同社が大企業向けに提供しているのと同様のセキュリティを、個人や中小企業でも簡単に導入できるとしている。

Credit: Divina Paredes
Credit: Divina Paredes

 Okyo Gardeのセキュリティサービスは、マルウエアやランサムウエアからの防御、フィッシングの抑止、感染デバイスの検出、疑わしい挙動の監視および制御などの機能を備え、Palo Alto Networksの最新の脅威インテリジェンスと連携している。機能の管理や状況の把握はモバイルアプリから行える。

 現在の企業にとって、従業員の自宅は職場の一部になりつつあり、さまざまなデバイスで業務が行われているものの、そこにはITチームがおらず、サイバーセキュリティの防御も十分ではない。そう話すのは、Palo Alto NetworksのMario Queiroz取締役副社長だ。こうしたテレワーク環境は、会社と同じ脅威にさらされており、企業ネットワークへの侵入をもくろむ攻撃者から見れば、その脆弱さが狙い目となる場合もある。

↑ページ先頭へ