TOPSoftware > iOS 15.0.2、バグに加えゼロデイ脆弱性を修正

Software

iOS 15.0.2、バグに加えゼロデイ脆弱性を修正

2021/10/13

Michael Simon Macworld

 米Appleは、「iOS 15」の最新アップデート「iOS 15.0.2」を10月11日にリリースした。「メッセージ」から保存した写真が削除されるバグなど、iOS 15で見つかっていたいくつかの不具合のほか、重大な脆弱性が修正されている。サイズは590.3Mバイト。

Credit: IDG
Credit: IDG

 Appleのリリースノートによると、今回のバージョンで修正したバグは以下のとおり。ネットなどで広く報じられていたバグも含まれている。

  • 「メッセージ」からライブラリに写真を保存した後で、そのスレッドやメッセージを削除すると、ライブラリの写真も削除されることがある問題
  • MagSafe対応iPhoneレザーウォレットが「探す」に接続されないことがある問題
  • 「探す」の「持ち物を探す」タブにAirTagが表示されないことがある問題
  • CarPlayでオーディオアプリを開けなかったり再生中に切断されたりすることがある問題
  • iPhone 13でFinderやiTunesを使ったデバイスの復元やアップデートが失敗することがある問題

↑ページ先頭へ