TOPSoftware > Windows 10 November 2021 Updat...

Software

Windows 10 November 2021 Update(21H2)、正式版が配信開始に

2021/11/18

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftは11月16日、「Windows 10」の最新の機能更新プログラム「Windows 10 November 2021 Update(バージョン21H2)」を正式にリリースしたと発表した。大型アップデートという扱いだが、目玉となるような新機能はない。また、Windows 10の機能更新プログラムのリリース頻度が、これまでの年2回から、「Windows 11」と同じ年1回に変わることも、あわせて発表となった。

Credit: Microsoft
Credit: Microsoft

 今回の機能更新プログラムも、従来と同様、まずは希望者がWindows Updateから手動でインストールできる形となっている。「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」を開き、「更新プログラムをチェック」をクリックすればよい。

 だが実際のところ、インストールを急ぐ理由はない。Microsoftは以前の発表で、November 2021 Updateの「新機能」として、次の3つを挙げている。

  • Wi-Fiの新しいセキュリティー規格「WPA3 H2E」をサポートする。
  • 法人向け機能「Windows Hello for Business」で、クラウドトラストという新たな展開方法をサポートし、パスワードレス環境をすばやく構築できるようになる。
  • 「Windows Subsystem for Linux(WSL)」と「Azure IoT Edge for Linux on Windows(EFLOW)」でGPU演算をサポートする。

 もちろん、無意味な新機能というわけではない。WPA3 H2Eは、サイドチャネル攻撃の防御という点でセキュリティー強化に役立つし、WSLでのGPU演算は、機械学習やパスワードクラッキングなど、演算処理を多用するLinuxアプリケーションを動かす時に役立つ。とはいえ、どちらもニッチな用途と言えよう。それ以上に役立ちそうなのは、各種のバグ修正だが、その多くは目を引くものではないはずだ。

 今後は、機能更新プログラムのリリースが年1回になることから、Windows 10の次の「大型アップデート」は、2022年後半に登場する。また、Microsoftは今回のリリースを発表するブログ記事の中で、Windows 10のサポート期間について、従来の告知どおり、少なくとも1つのバージョンは2025年10月14日までサポートを続けると言及している。

 今回登場したNovember 2021 Updateのサポート期間は、HomeとProの両エディションがリリース日(11月16日)から1年6カ月間、EnterpriseとEducationの両エディションは同2年6カ月間となっている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ