TOPSoftware > Apple、スパイウエアPegasusの開発元NSO Gro...

Software

Apple、スパイウエアPegasusの開発元NSO Groupを訴える

2021/11/25

Michael Simon Macworld

 米Appleは、スパイウエア「Pegasus」の開発元であるイスラエル企業NSO Groupとその親会社を相手取って訴訟を起こしたと、11月23日に発表した。賠償に加え、同社がAppleのソフトウエア、サービス、デバイスを利用できないようにするための差し止め命令を求めている。

Credit: IDG
Credit: IDG

 Pegasusは、iPhoneとAndroidスマートフォンを標的とするスパイウエア。その存在は、米Washington Postの今年7月の報道で明るみに出た。同紙をはじめとするメディアや、カナダのトロント大学の研究機関Citizen Lab、フランスForbidden Stories、国際人権団体Amnesty Internationalなど、人権や報道に関連する団体が共同で調査したところ、世界各国の政府要人、ジャーナリスト、人権活動家、企業経営者などのスマホに、軍事レベルの高度なスパイウエアがインストールされていたというもの。2018年に殺害されたサウジアラビア人ジャーナリストJamal Khashoggi氏に近い2人の女性も対象に含まれていたという。

↑ページ先頭へ