TOPSoftware > Microsoft、Windows 11向けに「メモ帳」を刷...

Software

Microsoft、Windows 11向けに「メモ帳」を刷新

2021/12/10

Mark Hachman PCWorld

 また、多少の今更感はあるものの、使い勝手に関係する改良が2つ加わった。1つは検索と置換の動作だ。「メール」などの標準アプリと似た感じで、検索語句の入力ボックスがウインドウ上部にドロップダウンで表示されるようになった。もう1つは、「元に戻す」操作を多段階で行えるようになったことだ。Ctrl+Zを繰り返し押せば、それまでの変更を1つずつ元に戻せる。

 一方で、自動保存のような基本的な機能がまだ備わっておらず、手動で頻繁に保存するしかない。現在のメモ帳では、ファイルに加えた変更が未保存かどうかは、ファイル名の横に表示される「*」で確認できる。

 Windowsに標準装備のメモ帳で満足できない場合は、代わりとなるテキストエディターが昔から多数存在する。例えば、フリーでオープンソースの「Notepad++」や「Metapad」などがある。

 Microsoftは、今回のメモ帳以外にも、「ペイント」「フォト」「クロック」など、Windows 11でさまざまな標準アプリに刷新を加えている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ