TOPHardware > Plugable、4Kディスプレイを3台接続できる新型ドッキ...

Hardware

Plugable、4Kディスプレイを3台接続できる新型ドッキングステーション

2022/01/07

Mark Hachman PCWorld

 メールやメッセージングアプリなどの静的なコンテンツを表示するセカンドディスプレイであれば、30Hzの表示でも支障はない。しかし、30Hzのディスプレイを長時間凝視すると、疲れ目の原因にもなり得る。

 また、スペック表の説明によると、60Hz出力に対応したDisplayPort/HDMI端子は、HDCPをサポートしていない。つまり、ブルーレイディスク、Netflix、Amazon Primeなど、著作権保護技術が適用されたコンテンツを再生できない。一方、30Hz出力の端子については、HDCPへの対応はパソコンによって異なるとの記載になっている。いずれにせよ、ノートパソコン本体の画面を使えば、著作権保護が適用されたコンテンツも普通に見られるはずだ。

 ノートパソコン本体と接続するUSB-C端子は、60Wの給電に対応しており、一般的な機種であれば充電をまかなえる。映像出力端子以外には、USB 3.0(5Gbps)対応のUSB-A端子を6基備えている(前面2、背面6)。一方で、USB-Cの出力端子がないことは弱点だ。例えば、USB-C接続のSDカードリーダーを使いたくなった時に対応できない。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ