TOPHardware > Windows 11のSSD低速化問題、新たなパッチでついに...

Hardware

Windows 11のSSD低速化問題、新たなパッチでついに解決か

2022/02/03

Mark Hachman PCWorld

 「Windows 11」は、一部のSSDでアクセス速度が低下する不具合がある。これまで完全には解決していなかったこの問題が、最新の修正プログラムでついに解消すると報じられている。

Credit: Supplied Art (with Permission)
Credit: Supplied Art (with Permission)

 この問題が取り沙汰されたのは昨年12月のこと。Windows 11にアップグレードした後、SSDの書き込み速度に謎の低下が見られるとの声がユーザーから上がった。一部のNVMe SSDドライブで生じるこの種の不具合は、すぐには顕在化しにくい。

 Microsoftが昨年公開した修正プログラム「KB5007262」のリリースノートには、この不具合に対処したらしき記述が見られるが、ユーザーからは、このパッチを適用しても問題が解決しないとの報告もあった。しかしここへ来て、新たなパッチの情報が出てきた。

↑ページ先頭へ