TOPHardware > Galaxyの一部モデルが4世代のOSアップデートを保証、A...

Hardware

Galaxyの一部モデルが4世代のOSアップデートを保証、Appleにも求めたい一手

2022/02/14

Michael Simon Macworld

 iPhoneやiPadの大きな強みの1つが、最新版のOSを利用できる期間の長さだ。購入から何年にもわたって、OSをアップデートできる。Androidデバイスは、購入から2年目以降もアップデートできればラッキーなほうだ。本体はまだ十分使えるのに、OSは古いままのデバイスも多い。

Credit: IDG
Credit: IDG

 この差を埋める大きな一手を韓国Samsungが繰り出した。2月9日の新製品発表会で、Galaxyシリーズの一部モデルについて、最大4世代のOSアップデートを保証するとともに、セキュリティ更新も最大5年間は提供すると明らかにしたのだ。同日発表となった「Galaxy S22」シリーズの場合、発売時点ではAndroid 12ベースの「One UI 4」だが、Android 16ベースの「One UI 8」までアップグレードできることになる。

 もちろん、米Apple製デバイスは、通常はアップデートへの対応期間がさらに長い。2015年発売のiPhone 6sは、発売から6年以上たった現在でも、最新のiOS 15が動く。2014年発売のiPad Air 2も同様だ。だがAppleの場合、何年先まで使えるかは、デバイスの購入時点では分からない。3~4年で打ち切りにならないかどうかはApple任せだ。

↑ページ先頭へ