TOPSoftware > Slack、ユーザープロフィールのUIを改良、狙いはメンバー...

Software

Slack、ユーザープロフィールのUIを改良、狙いはメンバーのつながり強化

2022/06/03

Matthew Finnegan Computerworld

 米Slackは6月1日、ビジネスチャットツールSlackのユーザープロフィールのUIや機能を強化したと明らかにした。名前の読み方の録音データなど、新たな項目を加えたほか、チームメンバーに表示するユーザープロフィールの見た目も改良し、これまでより詳しい情報を確認できるようにした。

Credit: Slack
Credit: Slack

 プロフィールは新たに3つのモジュールに分かれているとSlackは説明する。1つは「Contact Info」セクション。予備の電話番号やメールアドレスなど、連絡を取るための手段を指定できる。2つ目は「About Me」セクション。誕生日、ペット、話せる言語など、カスタマイズ可能な項目を使って情報を追加できる。3つ目は「People」モジュールで、組織図を確認できる。

 ユーザーの名前に関しては、読み方をメンバーに知ってもらうための項目が加わった。実際の発音を録音したオーディオクリップや、文字での説明を追加できる。またチャット画面でユーザー名の上にマウスカーソルを置くことで本人の写真や簡略版のプロフィールを確認できるホバー表示の機能も加わった。

 新たなUIの提供は6月1日から始まった。順次展開を進めていくため、すべてのユーザーが利用できるようになるには数週間かかる可能性もあるとしている。

↑ページ先頭へ