TOPSoftware > SecureAuth、新たな統合認証・アクセス管理プラットフ...

Software

SecureAuth、新たな統合認証・アクセス管理プラットフォームを発表

2022/06/06

John P. Mello Jr. CSO

 米SecureAuthは6月1日、統合認証・アクセス管理プラットフォームの新製品「Arculix」を発表した。パスワードレス認証や継続認証に対応した新世代のプラットフォームで、エンドツーエンドのソリューションとして導入できるほか、既存のIAM(Identity and Access Management)製品を補完する形で各種IDプロバイダーと連携しての利用もできるとしている。

Credit: Cybrain / Getty Images
Credit: Cybrain / Getty Images

 SecureAuthのPaul Trulove最高経営責任者(CEO)は、最初の認証をクリアしたユーザーを全面的に信頼する時代は終わったと話す。「認証が最初の1回だけとなると、攻撃者にシステムを好き放題にされかねない。そこで企業各社は従来のパスワード頼みの認証の仕組みから脱却しつつある。トランザクションの最初に信頼レベルを評価して終わりではなく、認証に関する成熟度の推移に沿って順次対応を行う。セッションの中で観測されたリスクシグナルを継続的に評価し、状況の変化と再認証の必要性を判断する」(Trulove氏)

 Arculixはセキュリティーの確保とユーザーの使い勝手の両立を念頭に置いた設計だとSecureAuthは説明し、柔軟で適応性のあるポリシーやIDオーケストレーションのほか、人工知能(AI)を活用した行動モデリングにより、適切なユーザーが適切な手順で作業を進められるとしている。シームレスなパスワードレスシステムを使って、パソコンやモバイル、シングルサインオンの利用に一元的に対応でき、さまざまな多要素認証の手法をサポートできる。

↑ページ先頭へ