TOPHardware > iPhoneの充電端子、米国もUSB-C義務化か 議員が規格...

Hardware

iPhoneの充電端子、米国もUSB-C義務化か 議員が規格統一を提言

2022/06/21

Michael Simon Macworld

 米国の上院議員3氏が6月16日、スマートフォンなどの小型電子機器の充電規格を統一するよう求める書簡を、Gina Raimondo商務長官宛てに提出した。欧州連合(EU)は既にUSB-Cへの規格統一で合意しており、同様の戦略をとるよう促している。

Credit: Michael Simon/IDG
Credit: Michael Simon/IDG

 今回の書簡を提出したのは、Ed Markey議員(民主党、マサチューセッツ州選出)、Elizabeth Warren議員(民主党、マサチューセッツ州選出)、Bernie Sanders議員(無所属、バーモント州選出)の3氏。商務長官が商務省内の各部局と連携して、充電規格の統一を図り、消費者と環境を守るための包括的なプランを策定するよう求めている。

 今回の提言は明らかに米AppleとiPhoneを標的としたもの。書簡にはスマートフォンやタブレット、ポータブルスピーカー、電子書籍端末といったジャンル名への言及しかないが、USB-Cではなく独自のLightning端子を搭載しているiPhoneは特に大きな存在だ。書簡が引用しているデータによると、消費者が所有するスマホ充電器は平均約3個で、規格が合わなくて充電できなかった経験がある人は約40%に上る。

↑ページ先頭へ