TOPSoftware > Google、iOSやAndroidでパスワードマネージャー...

Software

Google、iOSやAndroidでパスワードマネージャーの機能を強化

2022/07/05

Mark Hachman PCWorld

 Googleは6月30日、ChromeやAndroid、iOSから利用できるパスワード管理ツール「Googleパスワードマネージャー」の機能を強化し、同日から順次提供を開始すると明らかにした。iPhoneでパスワードを自動生成できる機能や、AndroidのChromeでサイトへワンタッチでログインできる機能などが加わる。

Credit: Google
Credit: Google

 iPhoneに関しては、保存済みのパスワードをiOSアプリで自動入力する機能に加えて、強力なパスワードを自動生成してiOSアプリで使えるようになる。iPhoneでGoogleパスワードマネージャーをパスワードの管理に使うには、iOSの設定画面でパスワードの自動入力の連携元としてChromeを設定する必要がある。

 Androidに関してもいくつかの新機能が加わる。1つは保存済みパスワードを使った自動ログインの省力化。Android用Chromeで各種サイトにログインする際に、画面下部に表示されるダイアログからユーザー名やパスワードをワンタッチで入力できる機能は以前からあったが、ログインを完了するところまでワンタッチでできるようになる。

 また、パスワードマネージャーのショートカットをAndroidのホーム画面に配置できるようになり、パスワードの管理画面にアクセスしやすくなる。

 保存済みのパスワードが外部のサイトなどから漏えいしていないかをチェックできる「パスワードチェックアップ」機能にも改良が加わり、脆弱なパスワードや使い回しのパスワードもAndroid上でチェックできるようになる。また、パスワードの変更を支援する機能も加わる。パスワードの漏えいについての警告は、Android、Chrome OS、iOS、Linux、WindowsのそれぞれのChromeで通知される。

 そのほか、パスワードマネージャー上でユーザー名とパスワードを手入力で追加できる機能も加わる。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ