TOPSoftware > Netflixが広告付き低料金プランを23年導入へ、広告配信...

Software

Netflixが広告付き低料金プランを23年導入へ、広告配信はMicrosoftと提携

2022/07/22

Scott Carey Computerworld

 米動画配信大手Netflixは7月19日、広告付きの低料金プランを2023年初めに導入する計画を明らかにした。広告配信ではMicrosoftと提携する。会員数の減少が続く中、価格を抑えたプランの導入で巻き返しを図る。

Credit: Supplied Art (with Permission)
Credit: Supplied Art (with Permission)

 新たなプランは広告支出が旺盛な一部の地域から導入を始める。広告のない従来のベーシック/スタンダード/プレミアムの各プランも引き続き提供する。

 NetflixのGreg Peters最高執行責任者(COO)は7月19日、22年4~6月期決算のアナリスト向け説明会の中で、広告付きプランで配信する広告について、Microsoftとの独占提携のもとで同社から提供を受けると説明した。

 これまで否定的だった広告付きプランの導入へと舵を切った理由について、米調査会社Forrester ResearchのMike Proulxディレクターは、動画配信市場の競争激化が大きいと話す。米Amazon.comの「Amazon Prime Video」や米Walt Disneyの「Disney+」をはじめ、後発のサービスの追い上げは激しい。

 「この競争のために、広告に対する長年の姿勢を転換せざるを得なくなった。出費を痛く感じていた既存ユーザーにとっては、広告ありでも構わなければ負担を軽減できる。加えて、料金に敏感でこれまで二の足を踏んでいた新規会員の獲得にもつながる」(Proulx氏)

↑ページ先頭へ