TOPマネジメント > SalesforceのTableau買収、アナリストの見解は...

マネジメント

SalesforceのTableau買収、アナリストの見解は

2019/06/13

Jennifer O'Brien CIO

 「ビジュアライゼーション、オンライン分析処理(OLAP)、自然言語処理(NLP)をはじめ、多くの機能がTableauとEinstein Discoveryとの間で重複している。Salesforceがこれらをどうやって調整し、統合するか。あるいは別々の製品として進めるか、大変興味深い。長期的に見れば、別個の製品のまま、それぞれのコードのサポートや強化を続けていくのは意味がない。あえて言わせてもらえば、統合は避けられない」

 「当然リスクはある」とEvelson氏は続ける。「独立系ベンダーのTableauは、BIと分析にのみ集中すればよかった。しかし今後は、サードパーティーのコードを組み込んだり、開発者の時間をSalesforceのプロジェクトに割り当てたりするといった新たな業務が生じる。今後もTableauを、中核製品に集中できるようにさせること。それが、今回の企業合併を成功させる鍵となる」

 一方、Tableauの創業者で最高経営責任者(CEO)のAdam Selipsky氏は、「Tableauは、Salesforceとの最終合意をとても歓迎している」とコメントしている。同氏はSalesforceによるTableau買収について、「ソフトウエア産業の歴史で、最も重要な組合せの1つ」と表現している。

 Selipsky氏は、合意を公表した際の声明で次のように述べた。「ベッドルームの1室で事業を立ち上げた我が社は、16年という短い期間に、10億ドル規模の上場企業へと成長した。我々は世界中の8万6000以上の組織の数百万人という人々にサービスを提供することができた。それらすべての顧客にとって極めて重要な分析機能を構築し、提供することに懸命に取り組んでいる」

(了)

翻訳:鈴木英子=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ