TOPコンシューマIT > Huawei製ノートPC、Microsoft Storeがひ...

コンシューマIT

Huawei製ノートPC、Microsoft Storeがひっそりと販売を再開

2019/06/19

Mark Hachman PCWorld

 米Microsoftのオンラインストアでこの5月、中国Huawei Technologies製のノートパソコンが説明もなく忽然と消えた。だが、ここへ来て販売が再開された。

Credit: Microsoft

 本記事執筆時点では、Huaweiのノートパソコン「Matebook X Pro」「Matebook D」「Matebook 13 53010F」の3製品がMicrosoft Storeに掲載されている。いずれも実際に購入可能と見られるが、Matebook X ProのCore i5モデルは在庫切れとなっている(Core i7モデルは在庫あり)。これまでMicrosoftは、Huaweiとの関係や、同社製品の販売/中止について、コメントはしていなかった。

 米国のテクノロジー企業がHuaweiを現時点でどう扱っているのか、細かなところはいまだに定かではない。Huaweiは、Donald Trump大統領政権が発動した制裁措置によって、Androidの供給元である米Googleや、部品などの供給元である米Intel。米QualcommおよびMicrosoftといった企業との関係を絶たれる危機に直面している。Windowsの更新プログラムやその他のセキュリティ機能をHuaweiに供給しているMicrosoftは、取引停止の措置を講じているのかどうか、今のところ公にはコメントしていない。

↑ページ先頭へ