TOPコンシューマIT > Microsoft、Office専用キーを持つキーボードを開...

コンシューマIT

Microsoft、Office専用キーを持つキーボードを開発中か

2019/06/21

Mark Hachman PCWorld

 Office専用キーは、Word、Excel、PowerPointといったOfficeアプリケーション向けの付加機能を提供するものと考えられる。Officeキーを搭載したキーボードの登場は、さほど遠い話ではなさそうだ。

 IT情報サイトPetri.comの記事によると、Microsoftは、Officeキーを搭載したデスクトップパソコン用キーボードの開発を進めている。開発コード名は「Holgate Mid」「Holgate Low」で、Surfaceシリーズの新型機種発表が見込まれる今秋のイベントで登場するかもしれないとのことだ。

 一方で、こうしたキーボードは、法的な問題と必ずしも無関係ではない。Microsoftはかつて、自社製品に限定する形で利便性を高めすぎたことが問題視された。1998年に米政府が反トラスト法違反でMicrosoftを訴えた裁判で、Thomas Penfield Jackson判事は、WindowsとInternet Explorerを一体化していたMicrosoftのやり方を違法と認定したが、この判断は上訴審で覆された。

↑ページ先頭へ