TOPコンシューマIT > AMDのCEO、「Navi」のハイエンドGPUの投入を公言

コンシューマIT

AMDのCEO、「Navi」のハイエンドGPUの投入を公言

2019/08/05

Brad Chacos PCWorld

 米AMDのGPU「Radeon RX 5700」「同 5700 XT」は、実にコストパフォーマンスに優れた製品だ。最先端の7nm製造プロセスと、新しいRDNAアーキテクチャーの効果で、既存の6種類ものGPUが一夜にして色あせたほどだ。だが、AMDの進撃はこれで終わりではない。

 「Navi」の今度のGPUは、例えば「Radeon RX 580」のような、Polarisベースで手頃な価格帯の旧来の製品に代わるモデルとのうわさも多いが、AMDのLisa Su最高経営責任者(CEO)は、先日の第2四半期決算発表の際に、NaviのハイエンドGPUの準備を進めていることを明らかにした。

Credit: Brad Chacos/IDG

 決算発表の質疑応答の中で、7nmプロセスのNaviのハイエンド製品とモバイル向けCPUについて質問を受けたSu氏は、詳細にこそ言及しなかったものの、Radeon RX 5700シリーズより上のクラスの製品を準備していることを認めた。この件については、グラフィックカード情報サイトVideoCardzが最初に伝えた。

 Su氏はこう語った。「製品について良い質問をいただいた。こうした製品は今後登場すると申し上げておく。開発は順調に進んでいると考えていただければと思う。既に発表済みの製品以外にも、7nmプロセス製品の充実のラインナップを今後投入する」

↑ページ先頭へ