TOPコンシューマIT > AMDのCEO、「Navi」のハイエンドGPUの投入を公言

コンシューマIT

AMDのCEO、「Navi」のハイエンドGPUの投入を公言

2019/08/05

Brad Chacos PCWorld

 米NVIDIAの「GeForce RTX 2080 SUPER」にとっては要警戒の製品となるかもしれない。RTX 2080 SUPERは、AMDのRX 5700シリーズにぶつけてきた「RTX 2060 SUPER」「同 2070 SUPER」に比べると、さほど「スーパー」ではなかった。

 RadeonシリーズのGPUを2012年から長きにわたって支えてきたAMDのGCNアーキテクチャーは、1チップ当たり最大64個のCU(Compute Unit)をサポートしていた。一方、RDNAアーキテクチャーのRX 5700 XTが実装しているCUは40個だ。GCNと同じように効果的にスケールアップすれば、RDNAにはかなりの余裕がある。

 AMDとしては、NVIDIAの1200ドルの最強グラフィックカード「GeForce RTX 2080 Ti」に狙いを定めている可能性もある。RDNAのCUの数がGCNの上限だった64個を超えられるようなら、特にそうだ。

 700ドルの「Radeon VII」のバリュープロポジションをRadeon RX 5700シリーズが打ち破る中、AMDは新たなフラッグシップを必要としている。

↑ページ先頭へ