TOPセキュリティ > Firefox、VPN機能のベータ版を米国ユーザー向けにリリ...

セキュリティ

Firefox、VPN機能のベータ版を米国ユーザー向けにリリース

2019/09/17

Mark Hachman Senior Editor, PCWorld

 米Mozillaは2019年9月10日、Webブラウザー「Firefox」で使えるVPN機能「Firefox Private Network」のベータ版をリリースした。厳密に言うと、Firefoxの通信にのみ適用されるVPN「的」機能だ。

Credit: Magdalena Petrova/IDG

 Mozillaはこの日、新機能を試験的に提供するプログラム「Test Pilot」を復活させたことを明らかにし、その第1弾としてFirefox Private Networkを発表した。新生Test Pilotは、Firefoxアカウントを持つユーザーがオプトインで参加できる。今のところ、Firefox Private Networkは、米国のユーザーのパソコン版Firefox向けにのみ提供され、現時点では無料で利用できる。

 Mozilla自身は、Firefox Private Networkについて、VPNという説明はしていないが、この機能で実現できるのは、エンドツーエンドの暗号化やIPアドレスの隠蔽など、VPNの一般的な機能に近い。ただし、こうした機能はFirefoxの通信にのみ適用される。別のアプリケーションを同時に使っていても、そちらの通信には暗号化などの恩恵は及ばない。

↑ページ先頭へ