TOPセキュリティ > Google、パスワードの流出や強度をチェックする機能をリリ...

セキュリティ

Google、パスワードの流出や強度をチェックする機能をリリース

2019/10/04

Brad Chacos PCWorld

 簡単に推測できるずさんなパスワードを使っているユーザーは多い。そのうえ、複数のサイトやサービスでパスワードを使い回す人も少なくない。どこかのサイトで個人情報が流出したら、同じログイン情報を使っている他のアカウントも、不正アクセスを受ける恐れがある。

Credit: Google

 こうした状況に歯止めをかけるべく、米Googleは10月2日、Googleアカウントのパスワードマネージャーの新機能として、「パスワードチェックアップ」をリリースした。Chromeで保存したすべてのパスワードを、流出が確認されているデータと照らし合わせ、自分のパスワードが流出していないかどうか調べてくれる機能だ。また、パスワードの使い回しや強度もチェックしてくれる。

 この機能を使うには、passwords.google.comを開いて、ページ上部で「パスワードを確認」リンクをクリックする。画面の指示に従って、Googleアカウントに再度ログインして本人確認を行うと、保存しているパスワードが一通りチェックされ、流出したデータに含まれているパスワード、複数のサイトで使い回しているパスワード、脆弱なパスワードが検出される。このチェック結果は、各種サイトで作成した使い捨てのアカウントを確認するのにも便利だ(その手のアカウントは削除しておく方がよい)。

↑ページ先頭へ